日本企業の世界進出


日本コーンスターチ株式会社はそのうち、
世界コーンスターチ株式会社になるかもしれません。
それはジョーダンですが、
いま確実に海外の拠点を増やしつつあります。
「原材料の生産がアメリカ→
コーンスターチへの加工は日本→それを再び海外で売る」
なんだか輸送費が勿体ないので、
コーンスターチ工場を現地に作りたくなりますね。

コーンスターチの生産工場は海外進出していませんが、
営業所はイリノイ州シカゴにあります。
去年できたばかりの新品の部署です。
本当に最近できたばかりですので、
サイトの更新も間に合っていないほどです。
そのシカゴオフィスの仕事ですが、
顆粒コンスなどをアメリカの各企業に
売り込むことをしています。

顆粒コンスは「飲みやすい錠剤」を作るのに
欠かせない製品ですので、
製薬業界での需要は決して低くないはずです。
コーンスターチは既にアメリカに
たくさんの競合会社がありますので、ニッチは定員気味ですが、
他にも様々な製品を製造していますので、
それらで攻めていると思います。

また、ミシガンでは生分解性プラスチックの
研究開発と特許管理をしています。
タイでは、タピオカ澱粉の製造工場があるそうです。

さすが、創業150年の会社だと言えます。
日本コーンスターチは着々とグルーバルの道を進もうとしています。
次はどこの国に進出するのでしょうか?
顆粒コンスでしたら、どこの国でも通用すると思いますよ。